人と盲導犬の歴史について

人と盲導犬の歴史はとても深く、またその存在は重要な役割を担っています。人の支えに一生を捧げる、素晴らしい犬達です。あとは、わんちゃんの皮膚疾患や口内炎について説明します。

街を歩いていると時々盲導犬を見かけます。私たちは普段あまり意識しないかもしれませんが、盲導犬と人は驚くほど昔に出会っており、社会的に重要な役割を担ってきています。以下より盲導犬の具体的な歴史と重要性をご確認ください。

盲導犬の歴史

人と盲導犬、盲導犬歴史

盲導犬は目が不自由な人を支えてくれています。驚くことに、2000年も前から視覚障害者が犬を連れて歩いていた事例はあるようです。盲導犬の育成がシステム化され、福祉事業として着手されるようになったのは1916年、ドイツでのことです。

当時は第一次世界大戦のさなか、毒ガスなどの最新兵器によって数千人の兵士が失明したという背景があります。その後盲導犬は他国にも広がっていきます。
日本で導入されたのは第二次世界大戦後です。

1957年塩屋賢一氏が試行錯誤の末、日本で初めて盲導犬の訓練に成功しました。犬種はジャーマンシェパードで、所有者の河相洌氏が日本初の盲導犬の使用者になりました。

重要性

盲導犬、重要性

その後重要性が社会に認知され、現在では1,010匹の盲導犬がいます。盲導犬には訓練士がいて、日々トレーニングを行っています。特定の個人に与えられる資格ではなく、全国に10団体ある盲導犬育成施設に所属することで訓練が行えるようになります。

盲導犬訓練士にもとめられる資質は、⑴コミュニケーション能力と⑵創意工夫する能力の2つです。視覚障害者の方に歩行を指導する際は、身振り手振りが使えないので言葉だけでいかに適切に情報を伝えられるかが鍵になります。年齢層や性格の異なるユーザーに、柔軟に試行錯誤しながら伝える能力が求められます。

第一次世界大戦後システム化された盲導犬は現在も重要な役割を担っています

視覚障害者の歩行をサポートしてくれる盲導犬は2000年前から存在し、近代のドイツで初めてシステム化されました。現在も社会的な重要性を持っており、日本では10団体の盲導犬育成施設によって訓練を受けています。